キックボクシングジムに東京で通うなら白山道場(はくさんどうじょう)へ【初心者歓迎】

<構え・右利き>下半身はまず肩幅を意識して立ち左足を半歩踏み出す、その際に爪先は速やかな防御をする為に相手に対して垂直とする。右足の爪先はやや外側に開いて踵を少し上げる、スタンスはカタカナ「レ」の字の形をイメージすると分かりやすい、前足と奥足の重心は5対5とするべし。

 

上半身は肩の力みを抜いて攻撃の際に遠心力を活用する為に斜に構えて(左肩が前 右肩が後ろ)その体勢で両腕で脇を軽く締めて肘を曲げて拳を顎の高さまで上げる、拳は小指から順に握りこみ親指を上に添えて生卵を持つイメージで軽く握りその角度を相手に対して縦拳とするべし。

 

以上がキックの基本の構えなり。